※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。

 

どうも。かつて、オフ会の自己紹介の場(女性出席者もいた)で、

「趣味、ナンパです」

と口走ってしまい、微妙に場を凍りつかせた経験のあるtakaです(笑)

 

さて、今回は、女のケツばかり追いかける男が男性的な魅力を失う危険と、

「女性をゲットする」「モテる」

以外で、今自分が“ワクワク”できることを紙に書き出してみる効果について書きます。

 
 

女性を関心の最上位に位置づけ悪影響が・・・

 

そもそもの始まりは5年前。

当時、めちゃくちゃ惚れ込んでいた女性に手酷く振られてからというもの、人生史上もっとも、

「女にいかにモテるか」

という課題に時間と労力を注ぎ込んできた僕。

 

ですが、“女”のことを関心の最上位に位置付けてしまうことで、

同時に、男としての余裕が失われてしまう事実にも思い至りました。

 

ナンパをしていても、

「(早くこの女を抱きたい)」

という思考に支配され、ソワソワしてしまう。

 

その結果、男としてのセルフイメージも下がるし、

下手に性欲を隠そうとして会話もギクシャクする。

 

そうしてナンパがうまくいかないと、

仕事にも悪い影響が出る。

 

例えば、通勤中に歩いている女性がたまたまタイプだったりする。すると、

「途中下車して早く声掛けをしなくては・・・」

というプレッシャーに駆られる。半分病気かもしれませんね(笑)

 

参考:女性を誘うときに下心や自分の利益を封印しなければならない理由

 
 

自分の価値を尊重しつつナンパに取り組むスタイルへ

 

だから、最近パパ活で、ある程度可愛い子とHできて、

性欲が沈静化したのを機に、

改めてもう一度、“ナンパ”以外で、

自分が無理なく夢中になって打ち込めるものを客観視したくなったのです。

 

だから、今自分が興味あることを、紙につらつらと書き出してみる。

あえて思考を可視化することで、本来の自分の“ウリ”が見えてくる。

 

今までは、

「女に必要とされない自分は男として価値がない」

「だから、一秒でも多くナンパをして男を磨きたい&女と出会わなければ」

という、焦りにも似た気持ちがありました。

正直、オフィスで仕事をしている時間が惜しく感じられる時期さえありました。

 

ただ、投資した時間がそのまま成果として反映されるのかといえば、

ことナンパに関しては(少なくとも僕の場合)、

一概にそうとは言えない部分を感じたのも事実。

 

どちらかといえば“一球入魂”型で女性に声掛けをしていた僕の場合、

どうしても声掛け数が後半に行けば行くほど、

女性にとって心地良いテンションを維持できなくなってしまう。

 

とにかく声掛け数を稼ぐためのナンパは、

闇の中をひたすら手探りで進むようで、

結果、なにも収穫がなく岐路に着いたときの空しさはハンパなかった。

 

(費やした時間を、

あるいはジムでストイックに鍛えたり、家に帰って資格のための勉強や、

ブログを書く時間に費やせばよかったという後悔が胸に去来しました)。

 

だから、発想の転換。

まず、これまでのようにダラダラ無制限にナンパをするのではなく、

週1回、1時間のみと限定する。

 

そして、声を掛けたくなる特徴(好み)をもった女性に絞り、

その特徴をズバリ言語化してややオーバーに伝える。

 

(うわべだけのお世辞とは違い、

本心から感じたことなので、

相手の女性に刺さる言葉になる確率が増します)。

 

参考:モテる男は感情を外に出す?感情を使った会話ネタと重要性を解説
 
 

ベストな精神状況を維持する事が大事!

 

ナンパは確かに自分磨きのためのツールでもありますが、

あくまで肩の力を抜き、ゲーム感覚で楽しんで。

競争相手は誰か他人ではなく、過去の自分にしましょう。

 

過去の自分より、臆することなく大胆に女性と接し、

会話を楽しむことが出来たなら大収穫。

ご褒美に分厚いお肉を食べて下さい(笑)。

 

その日、新たにできるようになったことを、

ナンパ専用のツイッターのアカウントで呟くとなおよしです。

 

どんなことでもいいのです。

ドラクエ感覚で、溜めた経験値をツイートとしてアウトプットし、楽しむ仕掛けを作るのです。

 

そしてそれ以外の時間は、

先ほど紙に書き出した“やりたいこと”をやるための時間として確保する。

これをルーティンにし、黙々と実行しましょう。

 

精神衛生上、これがベスト。

「恋人は裏切るかもしれないが、ダンベルは裏切らない」

とは、筋トレ実業家であるテストステロン氏の言葉。

 

核心をつく鋭い言葉を、

あくまでユーモアの中に織り交ぜ紡いでいるところに、

僕自身、何度救われたか分かりません。

 

人生は有限です。

にもかかわらず、ジタバタしても何も始まりません。

 

ならば筋トレのように、

成果が目に見え、自分自身の成長を実感でき、

しかも楽しんで行える仕組みとして、

恋活やナンパを設定し直すことをおススメします。

 

※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。


お読みいただきありがとうございました。
よろしければ無料会話講座も読んでみてくださいね!

『とっさの切り返し集 50選』などの
3大プレゼント
もご用意しております(^ ^)