※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。

 

実は最近、「ベンチプレス」にはまっているナンパ師のtakaです。

 

もちろん、そもそもは女受けを意識して筋トレを始めたのですが笑、

ベンチプレスの何が良いのかというと、

ひとつには、際限なく何度もやる必要がない点。

 

ベンチプレスって、専用の台の上で仰向けになり、

でっかいバーベルを持ち上げるのですが、

これがキツくてあまり数をこなせない。

 

物理的に、自分が持ち上げられる回の限度を超えて反復するのは不可能なので、

「よし、今日はここまで」

と見切りが付け易い。

 

これが、下手に回数を重ねられる腹筋やらスクワットだったりすると、

「まだ回数が足りないんじゃないか?」

「もっと数をこなさなきゃ効果ないのでは?」

と強迫観念が湧いてきて、未練がましくいつまでもダラダラとやってしまいがち。

 

これでは往々にしてストレスですし、時間の無駄です。

 

しかもベンチプレスは、やればやった分だけ、

腕の筋肉がどんどんパンパンになってくるのが分かる。

だから楽しい。

 

もはや、ドラクエの「経験値」を稼いでいる感覚です。

 

腕立て伏せなんかよりも、

「モテ筋」上半身を育てるのには効率がいいし、

「なんで今までビビって手を出さなかったんだろ?」

と思えるくらいハマっています笑

 

以前、ある恋愛コンサルタントの方がセミナーで言っていたのですが、

年々日本の筋トレーニー(筋トレ愛好家)の人口は右肩上がりなんだとか。

 

しかも、今後は筋トレーニーをターゲットにしたビーチイベント

筋トレ+出会い系をミックスした感じ?)

が海外から上陸し、メジャーになってゆく可能性が高いんだそう。

 

「筋トレ」が共通言語となって女子と知り合う機会が増えるのなら、

いわゆるパリピでなくとも海ナンをし易くなるメリットがあるでしょう。

 
 

ナンパも記録を残すといい事だらけ

 

何にしても、コツコツと努力を重ねた結果、

自分の成長具合が目に見えて分かると励みになりますね。

だからナンパも、一工夫取り入れたいと考えた次第です。

 

例えば、町に出撃した際。

ナンパのやりとりを、データとして記録する。

 

具体的には、ボイスレコーダーで

自分と女の子のやりとりを録音する。

 

そして、ツイッターでナンパ活動用のアカウントを作って、

(女の子のプライバシーに抵触しない程度に)

録画した「音声」と「動画」とをアップする。

 

そして、自分のナンパをフィードバックし、改善点を客観視する場とする。

 

全然難しく捉えず、ゲーム感覚でいいのです。

実行部隊、および司令官は、他ならないあなたなのですから。

 

しかも、

「フォロワーが見ているから」

という見栄が、自分の背中を後押ししてくれます。

 

うまくやる必要はありません。

むしろ、孤高の空手家のように、

「ガンシカ100人組み手」を謳ってみてもいいでしょう笑

 

もし活字に起こせるのなら、noteに軌跡をまとめ、

「あるナンパ師の敗戦の記録」

として販売し、お小遣いも稼げれば一石二鳥です。

 

ナンパの教材をわりと片っ端から買い集めた僕だからこそ言えるのですが、

ナンパ初心者は、他人の華々しい成功体験を見せられてもあまり嬉しくはない。

 

むしろ、地味な失敗体験と、

そこからのリカバリーを垣間見ることで、

逆に勇気付けられるものなのです。

 

(その需要に答えてくれる教材の、いかに少なかったことか汗)。

 

だからこそ、

失敗を包み隠さず発信することにこそ、

意味があるのです。

 

そうすることで、

少なからず他のユーザーからのレスなり反応なりがあります。

 

せっかくナンパをするのですから、

自分の成長が分かり、

楽しく続けられる工夫をガンガン取り入れましょう!

 

お勧め記事:ルックス関係なし!人として好かれる男性になると女性にモテる理由

お勧め記事:どうしても女性が口説けない?恋愛を学んでも空回りしてしまう理由

 

※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。


お読みいただきありがとうございました。
よろしければ無料会話講座も読んでみてくださいね!

『とっさの切り返し集 50選』などの
3大プレゼント
もご用意しております(^ ^)