※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。

 

オドオド不安な気持ちを消すには、一体どうしたらいいのでしょう?

 

たとえば、デートのとき。かつての僕は、

「もしキョどって嫌われたらどうしよう」

とネガティブな予測ばかりをしてしまい、自らどんどん負のループに陥ってしまいがちでした。

 

そんな深刻な悩みの解決法のひとつとして、僕が言いたいこと。それは、

相手が“提供して欲しいこと”はなんなのか、

というニーズに意識をシフトさせることです。

 

そして、目の前のこと“だけ”に集中する意識をもつこと。

 

賢く用心深い人ほど、

色々と先のことを予測してしまいがち。

 

それはある面では長所なのですが、

ことリアルタイムの場においては、

むしろウィークポイントになり易い。

 

まずはそのことを自覚するだけでも、緊張は格段に和らぎます。

 

参考:好感度うなぎ昇りの雑談の秘訣!たった一つの心がけとは?

 
 

ビジネスマンのサービス精神で女性と接する!

 

そもそも、

「もしキョどって嫌われたらどうしよう」

というマインドの根っこには、

「僕がどんな個性なのか、相手に好意的に理解してほしい」

という、他者への承認欲求があるのです。

 

その発想と、まずは縁を切る。

 

その代わり、

「君が僕に提供して欲しいものは何?」

「できる限りそれを与えよう」

というビジネスマンのスタンスに徹すること。

 

その結果、モヤモヤとした不安も、だいぶ軽減されるでしょう。

(自分のキャパを超えて、できないことは当然やらなくていい訳ですから)。

 

シェフには料理を、美容師にはカットを、医者には治療を、

僕らはニーズとして求めている訳であって、

彼らの個性を理解したい訳ではないのですから。

 

仮に、彼らがそんなものを無駄にアピールしてきたら、むしろ迷惑です笑。

(「個性化の時代」と言われて、この当たり前の本質がどんどん見え辛くなっているのは、正直害悪以外の何ものでもありませんね汗)

 
 

戦士の潔さで女性に接する!

 

「目の前のこと」に集中する際の、

僕自身の脳内イメージ。それは、

漫画『キン肉マン』に登場する、異空間のリングのイメージです。

 

主人公・キン肉マンを始めとする正義の超人たちが、

敵の罠によって、それぞれ

「炎のリング」や「氷のリング」、「ジャングルのリング」などといった、

異世界の特徴的な試合場へと転送されてしまうのです。

 

元の世界に帰るためには、

各ステージで待ち受けている敵のボスを撃破しなければなりません。

 

もし、ここでキン肉マンたちが、

「もしも私が仮に『牛乳のリング』(※キン肉マンは牛乳が苦手)に飛ばされていたら、果たして勝ち目はあっただろうか?」

などといちいちネガティブに空想していたら、むしろ滑稽です笑。

 

今、彼らが取り組むべきなのは、

現在自分が置かれた環境の中で、精一杯戦うことだけ。

 

そこに、深い孤独とともに、

「よっしゃ、やれるだけ精一杯やってやる!」

という、潔い開き直りが感じられるのです。

 

そういうマインドに、僕はなりたい。

目の前の試合を、精一杯戦う。

それ以外のことなんて、知ったこっちゃあない。

 

それでいいのです。

戦いの末、勝利して、

再会した仲間たちと喜びを分かち合うエンディングをイメージできたらベター。

 

でもそれ以上に、そんな結果などではなく、

今取り組んでいる相手とのやりとりの瞬間を、

ヒリヒリとした刺激と共に楽しめたらベスト。

 

きっとキン肉マンも、

実は戦いの中に身を置く瞬間がなによりも楽しいからこそ、

戦士であるのでしょうね。

 

ぎこちなくてもいいから、「ニッ」と笑って不敵に行きましょう!

 

お勧め記事:女性の恥ずかしい失敗を面白くフォローすることで距離を縮めるネタ

 

※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。


お読みいただきありがとうございました。
よろしければ無料会話講座も読んでみてくださいね!

『とっさの切り返し集 50選』などの
3大プレゼント
もご用意しております(^ ^)