※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。

 

僕はわりと、ガチ目のサブカル好きを自認しています。

 

いや、これは自己アピールでもなんでもなく、

むしろ、コンプレックスだったりします。

 

マッシュヘアーで

クリープハイプを聞いてエレキを弾いているような

マイルドなサブカル好青年ではないので(笑)。

 

断っておきますが、

可愛げもないし、救いようはないです。

 

だって、SMショウで縄で縛られた女の子の写真を撮る、

ディープな方面のサブカルですから。

しかも、僕もう30代後半です笑

 

でも、サブカル好きで一角のこだわりのある10代~20代の子は好みです。

それに、付き合うのなら、ただ可愛いだけではない、個性があって濃い話のできる子がよいです。

 

ちなみに、以前すごく好きだった子は、

芸術家肌な雰囲気のある、

リストカット(自傷)癖のある23歳の子でした。

 

それが、結構変わった子で、

「三島(由紀夫)の真似しちゃった」

と、かつてお腹を刺した傷跡を茶目っ気たっぷりの表情で見せてくれ、

危うさと不思議な魅力とが同居した子でした。

 

(文学系専攻の同じ大学の後輩だったということもあり、

ユーモアのセンスも妙に知的で、

生真面目だった僕の好奇心をくすぐったのです)。

 

僕もあれからいろいろな女性と会いましたが、

「またあんな子に会いたいな」

という気持ちがあります。

 

最近は、未練というより、僕の資質がそうなんだと開き直れるようになりました。

 

ただ、あの頃とは違い、

大学に出入りする機会は残念ながら失われました。

 
 

出会いの場は自分の性質に合わせて選ぶとよい

 

ならばまず、自分が定期的に出入りする、

出会いの「場」を大前提として確保する必要があります。

 

この出会いの「場」は、

僕の性格の資質的にも年齢的にも、

僕にとって「居場所(ホーム)」と同義語となります。

 

だから、いわゆる単純にただ男女の出会いを謳っただけの

「相席屋」や「スイッチバー」

は、必然的に居心地があまりよくない。

 

(こういう出会いの場においては、

“サブカル”や年上という

僕のアドバンテージが生かされるチャンスはあまり多くはないからです。)

 

よって、僕の場合、

銀座や新宿、高円寺などの、サブカルを謳ったバーに

標的はおのずと絞られます。

 

なかでも銀座は、

場所柄もあるのか、他の町に比べ、

やさぐれ感の少ない、清楚系隠れサブカル少女が多い。

 

お店に無理なく通いつめ、

まずそこの常連になれれば、お店の人に覚えてもらえ、

援護射撃もアテにできます。

 

そして、お店で開催しているパーティ、イベントなどをネタに、

自然と女の子を誘える流れにもつながる。

 

たとえば僕の場合。

自傷癖のある子と、サブカル好きの集まるバーで同席した際のこと。

 

「俺、リストカットというか、リスカしてる人の思考にちょっと興味あって」

「SMショーで緊縛の写真を撮ってるんだけど、縛られてる子たち、鞭やローソクや紐で傷だらけなんよ。」

「けど、ショウの最中、すごく色っぽくて。」(※ここは努めて冷静な声で言いましょう笑)

「ある意味、自分の身体を傷つけてるわけだけど、すごく開放されてるというか、綺麗に見えるんだ」

「○○ちゃんはリスカしてるとき、どんな気持ち?」

 

するとその子は、

「私はちょっと罪悪感あるかな」

という言葉を言ったので、僕は

「なら、一度一緒に見に行こ。世界観変わる」

と、リードすることができました。

 

SMで縛られている子たちもその子も、

自分の意志で身体を傷つけているという点は同じなのに、

その捉え方の違いに興味をもってくれたようでした。

 

デートにお誘いするときは、

できるだけその子のパーソナリティに関連付けて行った方が

説得力が増す感覚があります。

 

例えばこの後、

「俺が○○ちゃんの色っぽい姿、撮ってやるから」

と、SMや緊縛を少し習って実地体験させるのもアリですね。

楽しんでいきましょう!

 

関連記事:女性の行動をコントロール!理由付けのテクニックでOKさせよう!

関連記事:女性を誘うときに下心や自分の利益を封印しなければならない理由

 

※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。


お読みいただきありがとうございました。
よろしければ無料会話講座も読んでみてくださいね!

『とっさの切り返し集 50選』などの
3大プレゼント
もご用意しております(^ ^)