※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。

 

実は、最近転職したてで、

新しい仕事に慣れるのに四苦八苦しているナンパ師のtakaです。

 

でも、せっかくの時代の節目(平成→令和)だし、

へこたれずガンガン新しいことに挑戦していく所存です!

 

さて、僕は数年前、当時死ぬほど好きだった女の子に振られたこと

(告白してOKをもらったものの、たった1日で「元カレと寄りを戻したから、やっぱなかったことにして」と深夜に電話越しに言われました笑)

をきっかけに、ナンパを始めました。

 

それまでの僕は、ナンパどころか、

まともに女性と喋った経験さえほとんどない、

絵に描いたようなサブカル陰キャでした。

 

そんな僕が、当時ナンパを始めるに当たり、

まず初めに改善しようと決意したこと。

 

それはズバリ、“ルックス”でした。

 

実は当時、僕は「薄毛」だったのです。

なにより僕自身、自分が「薄毛」だという事実を、美意識が認めたがらなかった。

 

だから、髪はいつも坊主に刈って、

「K-1選手(当時はヘビー級)はみんな坊主やん!」

と、意味不明な自己弁護に始終していました。

(そもそも運動していなかったので腹はブヨブヨでしたが汗)

 

それが、ナンパのできる逞しい男になり、

僕を振ったあの子を見返し、

ふがいなかった自分と決別する意味で、まずは自分の尊厳を取り戻す必要があった。

 

だから、たまたま乗ったタクシーの車内広告に出ていた

AGA(男性型薄毛)治療のクリニック(銀座)へと、

一念発起して通うことに決めたのです。

 

そこは、ある大御所アクション俳優が広告塔をしており、

本人もここに通って、薄毛を克服したのだとか。

 

「まあ、これだけの有名人なら、ボラれる店って心配もないかな」。

 

結果、治療費はわりとかさみましたが、

半年も経たずに太い毛がチラホラ生えてきました。

 

ちなみに、僕の親父も祖父もハゲでした。

だから正直、

 

「俺の薄毛は根深いぜ。気休めならどの程度してくれるんだ?どれ、お手並み拝見」

 

なマインドでした。

しかし、当時薄毛を意識し始めて6、7年は経っていた僕の頭皮に、

目に見えて希望の兆しが現れ始めたのです! 

 

これは衝撃でした。

「ホントに生えてくるんだ!」

って。

 

人間って、とくに「発毛」については、

実際に自分の目で確かめるまで、

容易には信じられない性質があるに違いありません。

 

おすすめ記事:慣用句は笑いの宝庫!慣用句を使った会話で簡単に笑いを生む方法

 
 

育毛ケアは継続が大事!

 

その後、通院の治療費がかさんだので、

自宅でのセルフ育毛に切り替えました。

(切り替えるまでタイムラグが半年ほどあり、その間ケアを放置していたら、やはり髪の毛が後退しつつあったのでかなり不安に陥りました汗)。

 

しかし、「アイドラッグストアー」など、

定評のある海外医薬品通販サイトを利用することで、

発毛の“肝”となる「ミノキシジル」(撒布薬)と「フィナステリド」(服用薬)を

家庭でも入手することができました。

 

自宅治療に切り替えて4年ほど経ちますが、

髪は過去最高レベルにふさふさです。

 

あの時、自分自身の目と頭皮で確かめなければ、

この現実を知らずに薄毛を

「運命だから仕方ない」と諦め、

残りの人生ハゲのままだったと思うと、マジでゾッとします。

 

情報の吟味は、本当に人の人生を生かしも殺しもするんだと実感したターニングポイントとなる体験でした。

だから、自分の心が気になること、やりたいことはガンガンやりましょう!僕もやります。

 

おすすめ記事:どうしても女性が口説けない?恋愛を学んでも空回りしてしまう理由

 

※【サブカル恋愛理論】は、サブカル研究家ナンパ師のtakaさんにご提供いただいております。


お読みいただきありがとうございました。
よろしければ無料会話講座も読んでみてくださいね!

『とっさの切り返し集 50選』などの
3大プレゼント
もご用意しております(^ ^)