※この記事は2015年3月26日のメルマガバックナンバーです。

男「いやー、遅くなっちゃいました。
久々にこんな遠くまで来たんで^^;」
女「いえいえ。どこに住んでるんですか?」
男「えーっと・・・、畳の部屋ですねw」
女「え?^^;」
男「6畳一間のリビングキッチンつきだから、
6LDKですねw」
女「それ違くないですか?wてか場所場所w」
男「あーそっち?w えーっと日本?」
女「^^;」
男「ちょっとつまんなかったですねw
じゃあ畳の部屋で日本酒飲むのと、
ホテルでカクテル飲むのどっちが好き?」
女「意味分かんないけど、カクテルですかね?」
男「へー!そうなんですね!
じゃあ畳の部屋でカクテル飲むのと、
ホテルで日本酒飲むのは?w」
女「えーw わかんないw」
男「僕もちょっと混乱してきました、すみませんw」
女「変な人ですねw」
男「それ最高の褒め言葉ですよねw
えっと、変な人同士よろしくお願いしますw」
女「私は普通の人なんですけどーw」

ポイント:どんな話題でも話を続かせる方法

今回は長い例文ですが、話を続かせる方法ということで
長めに書いてみました。

話題を持っていなくても会話を続かせる方法です。
そのコツは、見てわかる通り、

”まともに答えない”

です。例えば、

女「どこに住んでるの?」
男「アパートですね!」

女「おいくつなんですか?」
男「173センチですねw」

女「血液型何ですか?」
男「えーっと・・、蟹座ですね。A子さんは?」

こんな感じで答えをはずしていきます。

話が続くということは、相づちやオーバーリアクションが
出来ているだけで、どんどん好感が上がっていくということです。

なので、特に面白いことを言わなくてもいいんです。

ただ、この方法にはそれ以外にも狙いがあります。
それは何かというと、

”変な人と思わせた後で真面目キャラを出す”

です。よく言われる”ギャップ”ってやつを狙うわけです。

真面目な人の優しさより、チャラ男の優しさの方が
トキメキが大きいのが想像できると思います。

バーバルコミュニケーションや褒めるテクニックを
身につけた後は、この適当キャラを練習しましょう!

レベル1の次はレベル10ではなくレベル2である

ある人がいいことを言っていました。

結果を身につけられない人は、いきなり完璧を
求めてしまう傾向がある、ということです。

レベル1なのに、レベル10になろうとするんです。
レベル1の次は、レベル2です。10にはなれません。

モテ男になるにもレベルがあります。
最初のレベルをざっくりとあげてみると、

Lv1.ファッション
Lv2.NG行動を学び、やらないこと
Lv3.ノンバーバルコミュニケーション
Lv4.褒めるテクニック
Lv5.ユーモアテクニック

こんな感じでしょうか。

このメルマガでは会話にフォーカスを当ててやってますが、
1と2が全然わからん!って人は、僕の会話テクニックを
使ってもうまくいかないことがほとんどなはずです。

心当たりのある方は、次の記事を読んでみてくださいね。

【どうやったらモテるのか?最短ルートを考えてみました。】
http://tk3.me/moterute

前の会話例文 / 次の会話例文