※この記事は2015年3月27日のメルマガバックナンバーです。

男「今日暖かくて気持ちいいですね!」
女「ですねー!」
男「でも花粉がちょっときついですよね」
女「そうなんですよー。」
男「そのマスクもやっぱり花粉防止ですか?」
女「はい、もうマスクないと・・・」
男「目、かわいいですね!」
女「えっ?・・・あ、ありがとうございます」
男「ねー、マスク大事ですよねー」
女「あ、はい・・」

ポイント:強制的に嬉しいと思わせる褒め方

1.普通の挨拶的会話をする
2.女性の身の回りのことを話す
3.その話題に集中させる
4.突然褒める
5.元の話題に戻る

これは、突然の予想外な情報で混乱状態にし、
強制的に「嬉しい」と思わせるテクニックです。

更に、褒められたことをずっと記憶に残し、
離れた後もあなたのことを考えさせることができます。

さて、もし誰かに満面の笑みで
「ちょーうぜぇよお前」
と言われたら、おそらくあなたも混乱すると思います。

こういう矛盾した状況下に置かれることを
ダブルバインドといいますが、
それを応用したテクニックとなります。

矛盾的環境を生まなければならないので、
「マスクかわいいね→目かわいいね」
はダメですし、
「髪にゴミついてるよ→髪綺麗だね」
もダメです。

好感度レベルがフラットの相手でも使えるので、
是非試してみてくださいね!

テクニックだけに頼らない!

ちなみに、好感度レベルがマイナスの相手には、
こういうテクニック的なのは総じてNGなので注意です。

相手の好感度レベルがマイナスで困っている人は、
まずは相づちやオーバーリアクションなどの
基本スキルを身につける必要があるので、
出水さんのモテ会話動画でサクッと習得してくださいね。

前の会話例文 / 次の会話例文