※この記事は2015年8月18日のメルマガバックナンバーです。

男「そうそう、料理するんですよ~。
 A子さんもぱっと見、料理得意そうですよね!
 パスタとか作ってそう!」
女「はい、パスタなら出来ますよ^^」
男「お~!いいですね!僕もパスタ好きなんですよ!
 もうね、三食パスタオッケーですねw
 ちょっとパスタクラブ作りません?w」
女「え?w」
男「活動内容は…パスタを作って、食べるwww」
女「あははw」
男「そのまんまじゃん、みたいなww
 A子さん部長ね!僕普通の部員やるんでw」
女「◯◯さん部長でいいですよw」
男「いやいやいや、立場ってもんがあるんで!
 部長が作った美味しいパスタを、
 部員が食べるっていう、そういう活動なんでw」

 
■自分と相手をグループ化する

今日はグループ化のお話をします。

たぶんどこかで読んだことがある方も
多いんじゃないかなと思います。

 

例文の様に、共通点からグループ化をします。

・カラオケ部
・チーム埼玉
・ボウリングクラブ
・焼き鳥同好会

などの響きがよい物を探してみましょう!

 

グループ化をしただけではまだまだ
もろいので、そのグループを育てていきます。

例文の様に具体的な活動内容を話すなどの
妄想会話を進めていくとよいです。

 

で、カルボナーラとかを頼んで、

男「ちょっとパスタクラブ的には
 どうこれ?何点にする?」
女「う~ん、70点くらいかな」
男「オッケー。じゃあここのパスタは70点ね!」

って感じで、掘り起こしてさらに成長させます。

 

昨日一昨日と、自分や相手にレッテルを
貼ろうというお話をしましたが、
今日のグループ化はそれの応用ですね。

自分と相手のレッテルに共通点を作り出し、
グループ化してしまう、というわけです。

 

このグループをチャンスがあったら会話で
どんどん出していき、成長させていくと
特別な関係になっていくのは想像できると思います。

もし職場の女性だったら、お昼にパスタにも
誘いやすくなったりと、いろいろ使えますね^^

 

例文では2人きりのシチュエーションですが
複数になると面白い感じになります。

男「生の人~?」
女「はーい」
男「あれ?おれとA子ちゃんだけ?
 チーム生ビール結成しちゃいますよ?
 チーム生ビール対…その他www」

とか、【僕らvsその他】という立ち位置に
なるチャンスを伺ってみましょう。

 

で、あとで会話に登場させていきます。

男「ビール意外何飲むの?ビールだけなんだ!
 じゃあチーム生ビールはビール以外禁止でOK?
 でも例外としてカクテルはOK?w」

男「ちょっと僕らチーム生ビールなんで
 焼き鳥頼んでいいっすか?」

これでお互いにビール仲間意識が芽生えます。

前の会話例文 / 次の会話例文