※この記事は2015年7月16日のメルマガバックナンバーです。

★例1
女「これちょーうまい!もう1個たのもうよ!」
男「いや… あと30個くらいたのもうw」

★例2
女「客帰らないね。1000円くらい上乗せしたいねw」
男「いや… 5万円くらいとっていいと思うよw」

★例3
女「これ高くない?せめてこの半額じゃん?」
男「いや… 95パー引きくらいでいいんじゃん?w」

★例4
女「エステで5歳若返ってきたw」
男「いや… 15歳くらい若返ったんじゃない?w」

★例5
女「タバスコこっそりかけちゃおっかw」
男「いや… タバスコと、塩もかけちゃおうw」

★例6
友達「A子ちゃんて日本で一番かわいいよねw」
女「んなわけないじゃんw」
男「ほんとだよw日本一じゃなくて世界一だからw」

 
■相手の冗談や提案を否定してから大げさに乗っかる

今日は軽いネタをお送りします。

 

あまりうまく解説できないのですが、
なんとなくこういうときありますよねw

女性が冗談っぽく数値を言ったり、
悪ノリでいたずらっぽく何かを言ったり…。

 

会話が苦手だと、相手に流されるまま

「いいねー、そうしようw」
「ほんとだねーw」

と、単なる共感となってしまうような場面です。

 

こんなとき、一旦軽く否定してから、
もっとオーバーにして乗っかってあげると、
笑いと強い共感を相手に与えられます。

 

もしあなたが冗談で、

「部長の髪、毎日10本ずつくらい減ってるよねw」

ってウケ狙いで言った時に、

「いや… 1日100本は逝ってるんじゃん?w」

とか返されたら安心感がありますよね。

 

すぐに使えるようにはならないと思いますが、
普段の会話で、

「(あ、今のはあのネタ使えたな…くそっ)」

て反省していたら、そのうち出来るようになります。

 

でもそのためにはネタそのものを
覚えておかないとダメなので、
復習を重ねましょう。

バックナンバーもかなり溜まってきたので、
お気に入りのネタが見つかると思います^^

【バックナンバー】
http://tk3.me/6q5w8t

前の会話例文 / 次の会話例文