※この記事は2015年7月31日のメルマガバックナンバーです。

男「いや~、ほんと楽しいわー^^ てかおれさ、
 昔は人前で笑うのがすごい苦手でさ」
女「えー?そうなの?」
男「うん、あんま友達できなかったっていうか」
女「うんうん」
男「でもA子ちゃんってほんと雰囲気いいし、
 人付き合いで悩みとかなさそうだよね。
 ちょっとうらやましいよwすてきw」
女「え~そんなことないよ~~」
男「えっ!?そうなの?
 それは意外だわ。なんかあるの?」
女「うん~、いろいろあるんだよねー」
男「え、なに?ちなみにそれは今の話?昔の話?」
女「う~ん、今も昔もあるよw」
男「へぇ~!じゃあちなみにさ、今までで
 一番人付き合いで辛かったのって何?」

 
■女性の悩みを掘り出して更に親密になる会話

今日は悩みを聞き出す会話例文です。

これは鉄板とも言えるので、
流れをしっかり覚えておきましょう!

 

使う相手ですが、結構打ち解けてきて、
更に特別な関係に発展させたい女性です。

お互いにプライベートな話をするなど、
打ち解けてからなので注意しましょう。

 

最初の自分の自己開示ですが、
これは本題(悩みを話させる)に入るための
布石であり、会話の流れをスムーズに
するためのものです。なので適当でOKです。

 

次に、「悩みなさそう!うらやましい」と
決めつけることで、【否定】をさせます。

で、相手が「そんなことないよ~」と
否定をしてきたところでオーバーリアクションです。

これで、相手を話したい気持ちにさせます。

 

ざっと以下の5つを意識してやればOKです。

1.オーバーリアクション
2.テンション合わせ
3.オープン・クローズ質問
4.共感と、気持ちの代弁
5.プラスの面や頑張ってる部分に気づかせる

 

女性に話させる時の質問の仕方の基本は、

【オープンクエスチョン+クローズドクエスチョン】

です。

 

簡単な例を言えば、

男「趣味何?」
女「特にないよ」
男「暇な時ってよく家にいる?それとも外?」
女「う~ん、どっちもかなぁ」
男「じゃあ家にいるとしたら何してる?」
女「いろいろ」
男「映画とか見る?それとも料理とかする?」
女「あ、おやつとかよく作るかな」
男「そうなんだ!!あれって…」

(おやつ作り趣味じゃんw)

こういうやつですね(笑)

女性はオープンクエスチョンには弱いので、
オープン→クローズ と誘導していきましょう!

前の会話例文 / 次の会話例文