※この記事は2015年5月22日のメルマガバックナンバーです。

男「テンション高いの?ニッコニコじゃんww」

男「何ニタニタ笑ってるんですかーw」

男「笑顔ちょーいいよね!ニッコリした感じがw」

男「さっきからニヤニヤしてるけど何企んでるんですか?w」

男「何かA子さん雰囲気がすごいあったかいよね。
なんか心がぬくぬくしてきたもん、僕の心がw」

男「何かさり気なく登場したよね。ぬ~んってw」

男「なんかこのネバネバがいいよね。
ネバネバ好きなの? >そうなんだw
じゃあネバネバした性格の男も好きってこと?w」

男「のびのび育ってそうだよね!
のび子さんって呼んでいい?w
好きなアニメは、ドラえもんw」

男「今おじさんが必死で頑張ってるのにー。
何のほほんと見てるんですかーw」

 
■女性との会話で使える擬音語・擬態語(ナ行)

擬音語・擬態語の続きです。

ア行からずっと書いてきましたが、
いろんなシチュエーションで便利に使えそうですね。

読むだけでは使えないので、
会話を本気で上達させたい人は、
日を空けて10回以上は声に出して読みましょう!

 

 

女性に対する主導権を取る方法

あなたの男友達の中に、

”こいつがいると安心”

とか、

”みんなで遊ぶときに来てもらわないと困る”

っていう中心人物はいませんか?

 

これは、その友達が主導権を持っている状態です。

できればあなたがその主導権を持てるくらいの
男性になる必要があるのですが、
今回はそれは置いときます。

 

ただ、女性と恋愛をしたい場合、
これは置いておくわけにはいきません。

つまり、女性にホレさせるためには、
主導権を持つ必要があります。

 

そして、主導権を持つという事は、
最初に書いた通り、

”この人と一緒なら安心”
”この人がいないと困る”

と女性に思わせることです。

 

じゃあどうやったらそう思わせられるのか?

 

男「おい、飯行くぞ!今日は和食行くぞ!」

と、強引な、つまりオラオラ系になりましょう。

 

・・・もちろん嘘ですよ?w

「へぇ~!」と思った人は注意です。

こういう偶然モテるかもしれない系のモノは
テクニックでもなんでもないです。

 

正しい方法は、

1.提案をしてあげること
2.女性の決定を後押ししてあげること

です。

簡略的な例ですが

男「パスタ系はどう?」
女「あ、いいねー!」
男「だよね!じゃあパスタ行こう!」

男「パスタ系はどう?」
女「うーん、さっぱり系がいいな~」
男「あー、じゃあ和食は?」
女「和食いいかも!」
男「和食いいよねー!オッケー、じゃあ和食行こう!」

こんな感じです。

前の会話例文 / 次の会話例文