【1日1言:モテ会話フレーズ集】メルマガ登録はこちら♪

毎日19:00にモテ会話フレーズを配信しています。是非ご利用ください!

※「@mote-net.com」の受信許可をお願いいたします。




↓こういうネタを解説付きで毎日お届けするメルマガです!

「その目はね、1~5の5段階評価で言ったら…100!(笑)」
「あれ?今日なんか可愛くない?あ、ごめん。俺の勘違いだった。いっつも可愛いわ!」
「これ、9割はB男君がやったんですよ。で、残りの1割は、僕です!僕です!」
「絶対A型でしょ!?じゃあ絶対B型でしょ!おっしゃー当たったわ!当ててやったわー!」 「うん、ちょっと太ってみた。太ってみました~!(笑)」

聞き上手でモテる男性になれる鉄板会話テンプレート!

※この記事は2015年6月3日のメルマガバックナンバーです。

女「明日温泉行ってくるんですよ!」
男「おおー!温泉いいよね!
すごい気持ちいいしリフレッシュ出来るよね~」
女「そうなんですよ~超楽しみ^^」
男「ね~、綺麗な景色見ながらね。
自然とかも今一番元気なときだもんねww」
女「はいw」
男「お酒飲みそうだよねw」
女「飲みます飲みますw」
男「グビグビ行きそうだよねwてか飲みすぎて
お風呂でコケちゃだめだよwステーン!ってw」
女「気をつけますw」
男「いや~、そっか温泉かー!
楽しみだね!いっぱい浸かっておいでw」
女「はいw」
男「ちなみにどの辺行くの?」

 
■会話をスムーズに返す聞き上手鉄板テンプレート

今日は、女性が◯◯行くとか、◯◯やってる
などに対する会話の進め方です。

※面白い会話=モテる ではないのでご注意を。

 

ポイントは、

1.言葉を変えて共感する
2.映像化して共感する
3.女性を主体にして映像化する
4.一段落したら再度共感

です。

 

先日の

”挨拶+既成事実+感情コメント+本題”

が話し上手だとしたら、聞き上手は

”複数共感+映像化共感+女性主体+共感”

みたいな感じになります。

 

■例文の解説

女「明日温泉行ってくるんですよ!」
男「おおー!温泉いいよね!
すごい気持ちいいしリフレッシュ出来るよね~」

→オーバーリアクションで共感する。
オウム返しに加え、言葉を変えて共感を誘う

 

女「そうなんですよ~超楽しみ^^」
男「ね~、綺麗な景色見ながらね。
自然とかも今一番元気なときだもんねww」

→綺麗な景色を想像させる(映像化)
映像化を具体化し、妄想を深くする

 

女「はいw」
男「お酒飲みそうだよねw」

→ “~しそう” 鉄板の女性主体会話

 

女「飲みます飲みますw」
男「グビグビ行きそうだよねwてか飲みすぎて
お風呂でコケちゃだめだよwステーン!ってw」

→女性主体会話を具体化していく。
擬音語・擬態語で映像化していく。

 

女「気をつけますw」
男「いや~、そっか温泉かー!
楽しみだね!いっぱい浸かっておいでw」

→最後にもう一度リアクションし、
共感しておけばOK。

 

女「はいw」
男「ちなみにどの辺行くの?」

→今回はようやくここで質問。具体的な
質問よりも、感情の共有を優先するとよい。

 

もちろん、どこかのタイミングで
女性が話してきたら深堀りしてあげます。

 

さて、「モテ会話」というと、多くの方が
以下ようなテクニック的なものを考えます。

・女性がホレるセリフ
・心理的にドキッと効果があるセリフ
・文字に起こしても笑える会話やネタ

 

だから、僕の会話例文を見ても
想像していたのと違うため、

「使えないな」「面白くない」「しょぼい」

という感想を持つ場合があると思います。

 

ただ、”モテる”を目標にするのであれば、
高度な会話文章が必要なのではなく、

・どのステップで何を話すか
・ノンバーバルコミュニケーション

が大事で、ユーモアは少しだけで大丈夫なんです。

 

なので、「面白くないから使えない」と
思ってしまって、にもかかわらず
会話で女性を落とせない方は、

面白い会話=モテる

ではないことを知ってください。

 

面白い会話で笑わせたり感情を
揺さぶることは大事なのですが、
それ以上に大事なのが

・雰囲気
・印象

つまり、ノンバーバルコミュニケーションで
作られる部分なんですね。

 

これこそがモテる会話の基礎であり、
これが出来てないと、テクニックがあっても
全然モテるようにはならないんです。

ユーモアが全くなくても、女性に共感したり、
笑顔や聞き上手だけでモテてる人って
たくさんいますよね?

 

そして、このノンバーバルコミュニケーション、
例えば相づちや笑顔、リアクションや共感は、
お互いの発言の数に比例して使えるわけです。

発言が多いほど、笑顔による楽しさや好印象が
蓄積されていくということです。

 

そういった意味で、スムーズかつ正しい方向に
会話を進められることが、
面白い事を言うよりも遥かに重要なわけです。

 

今回の例文も、先日の

”挨拶+既成事実+感情コメント+本題”

同様、テンプレート的要素が強いです。

鉄板の会話の流れとなります。

 

ですので、この流れをしっかり
身につけておくことで、いろんな場面で
会話をスムーズに進めることができます。

その結果、

「この人と話していると楽しい!話しやすい!」

ってなるわけです。

 

ここまで出来るようになれば、男女問わず
周りの人みんなに気に入られるようになります。

そうなると、それだけであなたの価値が高まり、
自然と女性がホレてきます。

 

このレベルに達してようやく、女性に
恋愛感情を持たせる会話を仕掛けていく
段階になります。

このレベルにならないと、テクニック的なものや
ホレさせる要素のある会話をしても
空回りするだけで、うまくいかないです。

前の会話例文 / 次の会話例文





☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆

メルマガ登録お待ちしています!
ページトップからご登録ください♪

☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆








«« 前の記事:
»» 次の記事:

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像