【1日1言:モテ会話フレーズ集】メルマガ登録はこちら♪

毎日19:00にモテ会話フレーズを配信しています。是非ご利用ください!

※「@mote-net.com」の受信許可をお願いいたします。




↓こういうネタを解説付きで毎日お届けするメルマガです!

「その目はね、1~5の5段階評価で言ったら…100!(笑)」
「あれ?今日なんか可愛くない?あ、ごめん。俺の勘違いだった。いっつも可愛いわ!」
「これ、9割はB男君がやったんですよ。で、残りの1割は、僕です!僕です!」
「絶対A型でしょ!?じゃあ絶対B型でしょ!おっしゃー当たったわ!当ててやったわー!」 「うん、ちょっと太ってみた。太ってみました~!(笑)」

擬音語・擬態語を使った会話例文(サ行):優しい男と思われる正しい方法は?

※この記事は2015年5月20日のメルマガバックナンバーです。

男「てか髪超綺麗じゃん!?サラッサラだよね!」

男「シットリしてるよねw(濡れてるの代わり)」

男「そんなジロジロ見ないでくださいよーw」

男「もうジャンジャン、ジャンジャンお願いします」

男「目がズキズキしちゃってさ。てか目綺麗だよね」

男「いい家庭ですくすくと育ったんでしょうねw」

男「もうすっかりおじさんになっちゃってw」

男「こけそうだよねwすてーんってw」

男「そんなズバズバ言われると泣いちゃうよw」

男「すべっすべだよね!つるんつるんだよねw」

男「純粋だよねー。夜すやすや眠ってそうw」

 
■女性との会話で使える擬音語・擬態語(サ行)

昨日の擬音語・擬態語の続きです。

 

女性の行動や見た目を
擬音語・擬態語で表現すると
いい感じに会話が盛り上がります。

褒めるときも、決めつけ系のセリフにも、
妄想系の発言にも万能に使えます。

 

あなたの周りにもいませんか?

「ぶわぁ~~~~!!ってさー!」

みたいに話す人っていると思います。

話が映像化されててイメージしやすいので、
そういう人って話が面白いですよね。

 
http://tk3.me/motekaiwa
▲補足教材特典プレゼントつきリンク▲

※↑本日、23:59 まで「聞き上手ノウハウ」を
プレゼント中です!お見逃しなく!

 

優しい男と思われる正しい方法は?

気になる女性には優しくしてしまうのが
男ってもんです。

そして、女性は「優しい男が好き」といいます。

でも、これがなかなかうまく行かないんですよね(笑)

 

1つ分かりやすい例をあげます。

一人目は、特に求められていないのに
毎日毎日食器洗いをしてくれるような夫。

二人目は、普段は食器洗いはしないけど、
奥さんが外で用事があってすごく大変な日に、
奥さんが帰ってくる前に食器洗いをして
夕飯まで作ってくれていた夫。

 

想像つくと思いますが、後者の方が、
効率的かつ確実に優しい男になれます。

その理由は2つあります。

 

一つ目は、奥さんが求めているときに、
求めていることをやってあげたということ。

二つ目は、サプライズ的な要素があるということ。

この2点です。

 

気になる女性ができると、男性ってどうしても
一人目のタイプになってしまいます。

だから、うまくいかないというわけです。

 

うまくいかない理由は、

1.求められていないことを勝手にやるから、
女性の感情が動かない

2.意外性がないから女性の感情が動かない

 

つまり、”女性の感情が動かない”
という部分がキモとなっています。

だから、女性に優しい男だと思われるには、
あなたの行動でどれだけ女性が、

「嬉しい!」

と思うかを見極めて行動することです。

 

この想定を前提として行動しないと

「こんなに優しくしてるんだから◯◯だろう」
「こんなに優しくしてるのになんなんだよ!」

と、間違った方向に進みます。

 

さて、ここまで読むと、

「サプライズ的に女性を喜ばせればOKかな」

と思うかもしれません。
でもちょっと待ってください!

”それを女性が求めているか?”

これ、忘れがちです。

 

例えば、

”全然仲良くないのに誕生日プレゼントをあげる”

これでホレられた経験ありますか?

ほとんどないですよね?

 

つまりそういうことなんです。

”相手が求めていることは何か?”

それをしっかり見極め、”サプライズ”的にやってあげる。

これが優しい男になるコツです。

前の会話例文 / 次の会話例文





☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆

メルマガ登録お待ちしています!
ページトップからご登録ください♪

☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆








«« 前の記事:
»» 次の記事:

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像