【1日1言:モテ会話フレーズ集】メルマガ登録はこちら♪

毎日19:00にモテ会話フレーズを配信しています。是非ご利用ください!

※「@mote-net.com」の受信許可をお願いいたします。




↓こういうネタを解説付きで毎日お届けするメルマガです!

「その目はね、1~5の5段階評価で言ったら…100!(笑)」
「あれ?今日なんか可愛くない?あ、ごめん。俺の勘違いだった。いっつも可愛いわ!」
「これ、9割はB男君がやったんですよ。で、残りの1割は、僕です!僕です!」
「絶対A型でしょ!?じゃあ絶対B型でしょ!おっしゃー当たったわ!当ててやったわー!」 「うん、ちょっと太ってみた。太ってみました~!(笑)」

【モテる方法】どうやったらモテるのか?最短ルートを考えてみました。

こんにちは、モテネットMAEDAです。

どうやったら一番早くモテるのかを考えてみた結果です。

1.女性へのNG行動をしない
2.女性から見たNGファッションをしない
3.会話で女性を楽しませられる

ざっくりと大きく分けたらこの3つなんじゃないかなぁと思いましたので、説明します。

ここで言う「モテる」とは狙った女を確実に落とすことではなく、どんな女性にも好感を持たれるっていうレベルです。

とりあえずこれだけでもよくないですか?(笑)といっても、まぁここまでこないと先へは進めませんし、ここまで来たら簡単に先に進めますので、まずはここを目指しましょう!

1.女性へのNG行動をしない

女性に避けられる理由は、女性の好意レベルによってすべき行動が違うということを理解していないからです。

好かれてもいないのにマメに連絡するとか、そういう基本的なところですね。女性心理全般と言えばいいでしょうか。

このへんのノウハウに関しては、

1000円で全体像が分かる恋愛ノウハウ集

(これは、「女を惚れさせる6つの話題と3つの質問」という教材ですが、中身はそれにとどまらず、恋愛ノウハウの全体像がつかめる非常にボリューミーなものになっています。)

これを読めばほぼわかります。女性に対し感情で接することのNGをみっちりと理解でき、どのようにすればいいのかが見えてきます。

当サイト含め、いろいろなサイトにもノウハウが書いているのでそれを見ればいいのですが、間違ったノウハウも多く時間がもったいないのでこれを買ってしまうことをオススメします。

2.女性から見たNGファッションをしない

ファッションは無駄に金をかけたり、個性的である必要はないです。

女性目線でOKならばOKなわけです。ただ、女性の普通と男性の普通には差があるので注意です。

一番問題なのは、「ファッションに気を使わないというレベルの低い意識」です。これを女性は嫌います。

最低限のファッションは、少し勉強して、お金をかけてちょちょっとやればクリアできてしまう簡単な問題です。

これに関しても、

1000円で全体像が分かる恋愛ノウハウ集

この中に書いている内容で十分です。

3.会話で女性を楽しませられる

さて、最後は会話です。

僕はこれが一番習得が難しく、悩んでいる人が多いんじゃないかと思うんですよね。

先の2つは、勉強で理屈を理解し、服を買って美容院に行けば、さほど苦労なくクリアできるのですが、会話に関してはそうはいかないんですよね。

というわけで、会話上手になる方法を更に考えてみました。その結果、以下の3点のポイントが必要だと結論が出ました。

3-1.何を話すべきかを理解する
3-2.モテ会話のイメージを掴み、再現できるようになる
3-3.会話ネタのパターンをひたすら吸収する

この3つかなぁと思います。1つずつ解説していきます。

3-1.何を話すべきかを理解する

会話の組み立て方や、何を話したら女性の心が開くのか?というノウハウの部分です。

何を話せば好感度があがっていくのか?逆に何を話したらNGなのかってところですね。

女性の好意レベルによって会話の内容を変えるべき、というのもこの部分です。

まとめれば「文字」で「理解」できるノウハウ全部です。

3-2.モテる会話のイメージを掴み、再現できるようになる

本やPDFで身につけることができないのがこの部分です。

どんなにノウハウを勉強しても話せる様にならない理由の1つがこれだと思います。

イメージを掴むためには、「反復」がポイントになります。必要なことは、

・自分で想像しながら実際に声に出して反復練習をする
・参考になる人の話し方を毎日見て、その印象と自分を徐々に重ねていく

会話の7割はノンバーバルコミュニケーション(文字以外の部分)ですので、
それを練習してイメージ化した上で最低限の慣れがないと、本番で使えないんですよ。

まとめて言えば「雰囲気」を「体に染みこませる」部分です。

これが出来ているだけで女性の好感度が抜群にUPしますが、出来ていなければどんなにフレーズが達者でも好感度は×です。

会話が未熟な人ほど軽視し、会話を理解している人ほど重要視する部分です。

3-3.会話ネタのパターンをひたすら吸収する

上記2つのポイントがクリアされたときに足りないのが、「会話パターン」ではないでしょうか?

女性の自分に対する好意レベルに対して何を話すべきかを理解しており、相づちやリアクションが自然と出る話し方をできるようになったとき、モテ会話のベースは完成されているはずです。

でも、パターンがないと何もできないんです。

・何を話すべきか=好印象を与える内容
・相づちやリアクション=好印象を与える雰囲気

この2つを相手にぶつける手段がなければ女性に好印象を与えられない

というわけです。銃を練習した兵士が弾の入っていない銃を持つのようなものです。

だから、勉強してもパターンがなければダメなんです。

また、小学校のとき、算数で計算方法を習ったらドリルしましたよね?覚えた方法の計算に慣れるためです。

会話も一緒です。ドリルをしていくことで覚えたノウハウを身につけることができるのです。

会話上手になる最短ルート

すみませんがこの最短ルートには金がかかります。といっても総額18,800円なので、人生変わると思えば安いもんです。

■3-1.何を話すべきかを理解する

これは、さっきの

1000円で全体像が分かる恋愛ノウハウ集

を買って、5回ほど読めばクリアかと思います。もっと上を目指すならその引用元である

スーパー会話テンプレート

を買ってもいいと思いますが、ここだけ勉強するより、次の3-2、3-3を先にやるべきです(お金も余分にかかりますし)。

■3-2.モテる会話のイメージを掴み、再現できるようになる

これは、今僕が一番オススメしている
モテ会話マスタープログラム

を、毎日の通勤や寝る前に見まくれば自然とクリアできると思います。この教材の素晴らしさは、こちらのリンクでご確認ください。

出水聡「モテ会話マスタープログラム」のレビュー(リニューアル版)

この動画は3-1を兼ねているので非常におすすめですが、文字で理解できるテンプレ的なボリュームは物足りないので、補強が必要かと思います。(2015/5/19追記:補強として、最強特典プレゼントをご用意しました。詳細はレビュー記事を御覧ください。)

■3-3.会話ネタのパターンをひたすら吸収する

最後にこれですね。

これは、3-1、3-2の教材を参考に、自分でテンプレート化する作業が必要になります。

教材だけでなく、連想ゲームでネタを作ってデータ化したりもします。

男「◯◯さんおはよー!」
女「おはよー」
男「あれ?今日の服すごく似合ってるじゃん!」
女「ホント?」
男「うん!◯◯さんって服選びが上手だよね!」

という基本的なものから、

男「一回りくらい違うんかな?なにどし?」
女「ヘビどし~!」
男「ほーん。てことは23歳?」
女「違うよ~、25歳だよ」
男「そっか!てことは羊どし?」

こんな感じのボケだったり、

「めちゃくちゃキレイだね、後ろ姿はw」
「面白いこと言うねー、たまにはw」

のような一言ネタだったり、とにかくこんな風にデータ化し、声に出して日々練習して定着させていくわけです(声に出した反復練習で定着させないと、使い物にならないです)。

3-1と3-2で土台を盤石にした上で、どんどんパターンを増やしていくという感じです。(逆に、土台がなければどれだけパターンを覚えてもまったくモテません。)

女性の発言に対する返しのパターンも100個くらいインプットされていたら心強いと思いませんか?

パターンを増やして、どんな女性とも沈黙なく話せるようになれば、ようやく会話はクリアです。

ただ、このパターンを大量にまとめた教材ってどこ探してもないんですよね。だから僕がメルマガで提供しています。是非ご登録ください。

最短ルートでモテる方法のまとめ

1.1000円で全体像が分かる恋愛ノウハウ集を買って、何度も読む
2.モテ会話マスタープログラムを買って、毎日再生する
3.会話例文でパターンを積んでいく

総額18,800円でいけます。これは、僕がいろいろな教材を買って検証し、最短ルートでモテる方法としての結論です。

無料でモテるのはほぼ無理なので自己投資をする必要がありますが、最も費用対効果が高いと判断したのがこの2つの教材です。この2つでしっかり学んだ後、会話パターンを増やしてけば必ずモテる様になるでしょう。





☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆

メルマガ登録お待ちしています!
ページトップからご登録ください♪

☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆








«« 前の記事:
»» 次の記事:

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] サイトの記事を更新しました(3/8)。 「どうやったらモテるのか?最短ルートを考えてみました。」 http://mote-net.com/free/moterute/ […]

  2. […] 【モテる方法】どうやったらモテるのか?最短ルートを考えてみました。 […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像