【1日1言:モテ会話フレーズ集】メルマガ登録はこちら♪

毎日19:00にモテ会話フレーズを配信しています。是非ご利用ください!

※「@mote-net.com」の受信許可をお願いいたします。




↓こういうネタを解説付きで毎日お届けするメルマガです!

「その目はね、1~5の5段階評価で言ったら…100!(笑)」
「あれ?今日なんか可愛くない?あ、ごめん。俺の勘違いだった。いっつも可愛いわ!」
「これ、9割はB男君がやったんですよ。で、残りの1割は、僕です!僕です!」
「絶対A型でしょ!?じゃあ絶対B型でしょ!おっしゃー当たったわ!当ててやったわー!」 「うん、ちょっと太ってみた。太ってみました~!(笑)」

会話が全然上達しない?どうすれば本当に話せるようになるのか?

こんばんは、モテネットMAEDAです。

最近高校生の方からの悩み相談的なメールがよく届きます。

 

”うまく会話が出来ない” 的な、

「僕でも会話が出来るようになりますか?」

といった内容が多いので、今日は同じ悩みを持つ方へ向けて、超乱筆ですが僕の考えを述べさせていただこうかと思います。

 

まず、今は辛いと思いますが、大丈夫ですよ。人生これからです!

高校生という歳で、自分は会話が苦手だと認識し、悩み、解決方法を探し、僕にメッセージをくれた時点で、はっきり言って昔の僕の何百倍も良いです(笑)

 

僕が高校生だった頃、会話が苦手だという意識すらなく、自分の言いたいことを言っては人を嫌な気分にさせて、いつの間にか一人ぼっちでいるような人間でした。

そして、大学に入り、社会人になり、ようやく自分の会話に問題があることに気づき、嫌われるのが怖くて会話が全く出来ない人間になっていきました。

 

よく会話や恋愛の教材で、作者の自己紹介で

”自分は昔はあがり症で…”

などと書いているのを見ると思いますが、まさに僕も同じです。ひどかったですよ。

 

おそらくこういう方たちも、本当に辛い思いをし続け、反省しまくって、その反動の大きさゆえに他の人よりもひたすら学び続けることができたから、人に教えられるまでになったのだと思います。

僕もそうです。

 

つまりまぁなんというか、どんだけダメな状況でも、

【努力】

をすれば必ず結果は得られる、ということです。

 

だから、あきらめないでください!

会話ができる人を目の当たりにしたり、自分には到底出来そうにない会話例文を見たり、会話で失敗した時などに、

「自分には無理だ」

とか思うと思いますが、そんなことはないんです!

努力を続けていれば必ず結果に表れてきます!

ただ、努力と言っても、正しい方法で努力をしないとダメですよね。

じゃあ何が正しいんだ、ってことになりますが、

【実際に結果が出る方法】

が正しいのは間違いないと思います。

 

言い換えると

”僕自身が実際に会話が出来るようになった方法”

が、正しい方法の一つと言えるはずです。

なので、僕は自分の経験を踏まえ、更に効率よく学べるように試行錯誤しながら情報を提供しているわけです。

 

というわけで、悩みを相談してくれている方は

・自分が会話が苦手だと認識している
・正しく会話上達できるコンサルタント(僕です笑)に出会えた

ということで、安心して大丈夫ですよ!

 

ただし、【努力】ができないと何も変わりません。

これだけはもう絶対です。

どんなに教材等がよくても、努力なしではどうにもなりません。

 

例えば、僕は

「声に出して反復練習してください!」

と、もう何度も何度も言っていますが、これを本当にやってくれないと、結果に結びつかないんです。

 

確かに、会話はすぐに上達できる面もあります。

ノンバーバルコミュニケーションがそれです。

笑顔、相槌、リアクションなどですね。

これだけで本当に周りの反応は変わります。だから、超大事です。

 

でも、会話ができない人はわかると思うんですが、やっぱり言葉が出ないと笑顔などにも限界があるんですよね。

何を言っていいかわからないから結局ノンバーバルコミュニケーションも堂々とできなくなっちゃう…みたいな。

 

いくら会話の7~8割がノンバーバルコミュニケーションだと言っても、結局言語力は絶対に必要なんです。

そして、会話脳が出来ていない人が言語力を身につけることは、はっきり言って

【ものすごく努力が必要】

なわけです。

 

ここが、他のコンサルタントさんたちがあまり言わない部分かもしれません。

文章をテンプレで覚えても意味が無い、とか。

いやいや、待って下さい。それははっきり言ってありえません。

例文1000個覚えたとしたらどれほど応用がついて会話がスラスラできるようになるか。

僕が身を持って体験しています。だからこそこうして言えるんです。

そして、あなたにも体験してほしいです。

 

僕はよく英語に例えて話しますが、大人になると英語って全然覚えられないですよね。

これは、英語脳が育っていないからです。

ここで言う英語脳とは、子供の頃の環境でのみ出来上がるものです。英語脳がない大人はちょっとやそっとじゃ英語は身につかないわけです。

(ちゃんと説明しませんが、言いたいことわかりますかね^^;)

 

じゃあ会話脳、というとどうでしょうか?

会話ができない人はわかると思います。

会話脳がある人とない人の圧倒的な違いが。

小さい頃の環境でものすごく左右される部分なんです。

 

小さいころに会話脳が出来上がってない人が、言葉を自在に操れるくらいに話せる様になるには、簡単な英会話を普通に話せるようになるのと同じくらい気合を入れて学ばないと無理だと思います。

 

「僕でも会話が出来るようになりますか?」

はい、なります。ただし、ちょっとやそっとの努力じゃ会話なんてできるようになりません。

会話脳がない人は相当な努力が必要だとちゃんと理解した上でがんばってみてください。

 

厳しい言い方ですが、それが現実だからしょうがないんです。

会話脳がない人が、すぐに会話ができるようになるはずがないので、必死で努力をしてください。

そうすれば、必ず会話はできるようになります。

 

これまでたくさんの例文を書いてきましたので、それをひたすら反復声出し練習してもらえれば必ず会話は上達します。

時間をお金で買えるのなら、有料ですが学習効率を追求した【会話フレーズ集】会話ドリル1000で学んでみてください。

これは、相当シンプルでありながら、とにかく学習効果があがるようにできているので、もっとも早く会話が上達するはずです。

 

ノンバーバルコミュニケーションをちゃんと学びたい方は、モテ会話マスタープログラムで学んで頂ければ、僕の会話例文との相性がいいです。

モテ会話マスタープログラム

ただ、しつこいですが、教材を買えばなんとかなるだろう的な気持ちで買って、一回読んで終わりだったら、全然成長しません。

良い物を買って、ボロボロになるまで使い込んで、しっかりと確実に自分のモノにしてください。

 

そのためには、繰り返し声出し練習をするという努力が必要だということです。

中途半端にやってもなかなか効果は表れません。

でも、頑張れば必ず悩みは解決するので、人生を変えるために頑張ってください!!





☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆

メルマガ登録お待ちしています!
ページトップからご登録ください♪

☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆








«« 前の記事:
»» 次の記事:

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像