【1日1言:モテ会話フレーズ集】メルマガ登録はこちら♪

毎日19:00にモテ会話フレーズを配信しています。是非ご利用ください!

※「@mote-net.com」の受信許可をお願いいたします。




↓こういうネタを解説付きで毎日お届けするメルマガです!

「その目はね、1~5の5段階評価で言ったら…100!(笑)」
「あれ?今日なんか可愛くない?あ、ごめん。俺の勘違いだった。いっつも可愛いわ!」
「これ、9割はB男君がやったんですよ。で、残りの1割は、僕です!僕です!」
「絶対A型でしょ!?じゃあ絶対B型でしょ!おっしゃー当たったわ!当ててやったわー!」 「うん、ちょっと太ってみた。太ってみました~!(笑)」

相席屋で彼女を作りたい!という男性のための記事

こんにちは!モテネットMAEDAです。

先日「相席屋」に行ってきました。あなたは行ったことありますか??

店舗で違いがあるかわかりませんが、女性待ちの間は金麦などのドリンクが500円で、それ1杯だけ頼んでしまえばサラダや唐揚げなどのつまみが食べ放題なのでいいです(笑)

女性が来た時点で相席スタートになり、30分1500円とられます。ここから飲み食べ放題になります。

かなり雑な文ですが、会話例文など含めていろいろ書いてみます!

  

さて、ノンバーバルコミュニケーションのレポートを書いた結果、僕自身以前よりも更に意識するようになってたんですね。

で、出水さんの言う三大要素である、

【笑顔、オーバーリアクション、水平コミュニケーション】

はできている人も多いと思いますが、レポート内の

【優しい話し方】

がものすごーーーーーっく女性に好印象を与えたようなんです。

※レポートはメルマガ読者様に無料でお配りしています。

 

笑った後、優しい話し方にコロッと態度を切り替えて質問する…なんて流れが多いと思うんですが、すごく強力でした!!

是非練習して身に付けて、やってみてください。

これすぐに身につくし、すごくいいと思います!

 

というわけで、この記事では相席屋の小技などちょっとお話しようと思います。

さらっと読み流してください(笑)

 

ではまず、小技的なのを一つ…。

ドリンクがセルフですので、結構他の女性と話すチャンスが多いです。可愛い子がいたら、

「どうも~^^」

とか声かけたりします。

「お酒強そうー(笑)」
「酔っ払ってるでしょ(笑)」
「後で飲もうねー!」

みたいな感じです。

ドリンカーが見える側に座って、すかさず狙いに行きましょう。でも、相席の女の子を狙ってるなら見られないようにしましょうね(笑)

 

で、相手の反応がよかったら、

「てかさ、外で飲まない?ごちそうするよ」

って釣れだしちゃうこともできます。

(近くに男性がいないか注意しましょう!)

 

店にいる女性が2~3組とかだったら、店員さんにこっそり

「チェンジしてほしいんですけど」

と言えば、その子たちがつく可能性もあります。

 

平日はガラガラの店が多く、店員さんも暇してるので、特に男性店員さんに店の事情とかを聞きつつ笑わせたりして、仲良くなっておくといいです。

この辺はキャバでもガールズバーでも一緒ですね。男性の店員さんは味方です!

 

話しかける時の女性の反応は、男性側の言い方一つで決まります。

普段からいろいろなフレーズを声出し練習しておけばいい印象を与えられるかと思います。

フレーズは【会話フレーズ集】会話ドリル1000で是非学んでみてください。

 

さて、店員さんが乾杯をしてくれた後、

「こんばんは~お疲れ様です!」

みたいになると思いますが、その後の会話を書いてみました。

軽く笑わせて気持ちをキャッチです。

 

男「いや~、てか花粉飛んでません!?」
女「ねー、最近目がかゆいですー」
男「えっ?まじっすか?ちょっと待ってね…(一瞬真顔になる)あ、俺もかゆい!(コロッと笑顔になる)」
女「あははは~(笑)」

こういうネタを書くと寒いって思う人がいると思うんですが、そんなあなたは【言い方を知らないだけ】です。

会話は話し方で180度変わるし、空気も作れるので、会話を文字だと思ってる初心者の方は早くそこを抜け出しましょう。

 

会話の解説ですが、高めのテンションと笑顔で共感を誘った後、相手が同調してきたら、

「えっ?」と逆方向の返事で

立ち止まることで笑いに変える一例です。

つまり、「いや~、てか花粉飛んでません!?」を、笑顔で明るく、女性が同調せざるを得ない感じで言う事が大事だというわけですね。

 

といっても、こういうネタって、本番で上手に使うハードルが非常に高いんですよね。

実際の会話で使うとなると、慣れないうちは練習と全く違う感じになると思います。

この感覚はたぶんやってみないとわからないです。

 

「その服ってA子ちゃんの為にデザインされたんでしょ?」
「朝バナナと夜バナナどっちが好き?(笑)」

とか、バーバルだけで出来てしまうネタに対し、ノンバーバルを使ったネタになると難易度が一気に跳ねあがります。

そのハードルの高さを知ったら、練習の大事さがわかると思うので、是非実際にやって一度失敗してみてください^^;

  

では次に進みます。

付いてくれた女性が

・出会いを求めているのか?
・飲み食い目的なのか?

で会話が全然変わってくるので注意です。

 

飲み食い目的の女性に

「どこから来たの?」

とかスペック系の質問ばかりしてもあまり意味がないっていうか、お付き合いに繋がるような会話はいらないわけです。

その代わり笑わせることで楽しませることで2次会につなげることができます。

 

逆に、出会いを求めている相手の場合は、笑わせてばかりだとダメで、お付き合いに繋がる話もしていった方がいいです。

2次会か、日を改めて会うかは、曜日や相手の性格次第です。

 

仲良くなったら連絡先交換です。日を改めて会う場合の例です。

男「いやー、でもすごい話しやすい感じ!」
女「えー、ありがとう^^」
男「カラオケ好きって言ってたじゃん?今度機会があったら行こうよ。今日はもう遅いからアレだけどさ~」
女「ねー、行けるといいねー!」
男「ほんとに?嬉しい嬉しい~じゃあ行こうよほんとに」
女「うん」
男「ねー!あ、じゃあLINEだけ交換してもらっていい?せーので交換しよ、せーので(笑)」
女「はーい」

 

結構「交換しよ」って切り出すのって抵抗を感じる方がいると思うんですね。

なので、いきなり言い出すのではなく話の流れの中に入れてしまうのがいいです。

「じゃあ交換しよ」

の “じゃあ” って付けられる会話です。ちゃんと理由がある感じですね。

 

例文の場合は、

カラオケ好きでしょ – YES
機会があったら行こうね~ – YES
嬉しいから本当に行こうね – YES

軽いYESを3回言わせています。

 

「今日はもう遅いからアレだけどさ~」とか言っておくと、女性もLINE交換を断りにくくなります。だって、

「いやいや、次回だとしてもちょっと…」

なんて言えないですからね(笑)

 

また、「嬉しい嬉しい~」とこっちが勝手に喜んでしまうと、更に相手は断れなくなります。

「せーので交換しよ(笑)」とかいうと、交換することが前提で話が進めることができます。

 

ちなみに、この例文は

男「いやー、でもすごい話しやすい感じ!」

から始まってますよね。

この一文がどれだけ大事かっていうのを知ってほしいんですが、たぶん多くの方が意識していない言い方なんですが、

「すごい」を「すっごい」と、強調して言うんです。

これにより、相手に与える印象が全く変わってくるので、強力なYESセットの土台となります。この辺はメルマガで頻繁に伝えているので、是非登録して読んでみてくださいね。

 

さて、LINEを交換したらどんなやり取りをすればいいのか、ということですが…

気をつけてとか、話しやすかったとか言いながらお礼をすればいいのですが、大事なポイントがあります。

 

それは、会話を掘り起こすということです。

一番盛り上がった話や、一番女性が話したかった話題、テンションが上がった話題を再度出すんです。

そのためには、会話の内容を覚えておかないとだめなので、しっかり聞くことが大事です。

 

ちなみに僕は記憶力がとても悪いので、スマホで録音してます。

録音を聞きながら、エクセルに女性の情報をまとめて行きます(笑)

この女性の情報は後々非常に重宝します。

 

血液型とか仕事はもちろん、

・ワンピースの本を全部買ってる
・父親が酒で暴力。母親はあばらおられたり
・職場で甘いモノを食べまくる

こういうのもメモっておくと後々どれくらい役に立つか想像できますよね!

例えば1ヶ月後に会った時に「そう言えばさ」と切り出すことで、印象がすごくよくなります。話題の準備にも使えますし。

 

メモは本当に大事です。モテる様になるには、場数をたくさん踏まないとダメですし、自分の欲求を複数の女性に分散しないとどうしても女性に重いと思わせしまいます。

なので、たくさんの女性に出会う必要があります。

そのうち全然わからなくなってきたり、大事な事でも忘れていってしまうので、しっかり記録しておくとよいですよ!





☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆

メルマガ登録お待ちしています!
ページトップからご登録ください♪

☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆








«« 前の記事:
»» 次の記事:

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像